上棟日の朝、現場に行った時の様子です

少し遠いところから

胴差を組んでいるところでした

胴差は、2階の床の高さで建物をぐるっと一周している横架材のことです

200422_0568



今度は近くで

クレーン車で木材を定位置まで運んで、

梁を組んでいます

200422_0574

200422_0577



上棟日には、棟上げの写真が撮れなかったので、

再度、翌日現場へ



しっかり棟が上がったいました

この写真は、棟に向かって斜めに入っている

雲筋かいを取り付けているところです

200423_0602



前回は、基礎が完了したところまでだったので、

少し戻って工程を辿ってみます



基礎のすぐ上に、基礎パッキンが敷かれ、(黒い部材です)

その上に土台を敷きます

基礎パッキンが通気層となって、湿気から土台を守ってくれるので、

耐久性がアップします

200423_0622



鋼製束の上にのっているのが大引です

今後この上に根太、床下地、床材が敷かれていきます

あっ!もちろん断熱材も敷きますよ

200423_0606_s



1階と2階の間(1階天井裏)です

胴差と梁を羽子板ボルトでしっかり連結しています

斜めに取り付けているのが火打梁です

火打梁は、地震や台風などで発生する

水平力による変形を防ぐために設けています

200423_0623



ネットを張っているので見えにくいのですが、

垂木を掛けているところです

今後はこの垂木の上に、屋根下地(こちらの現場では構造用合板を使用)、

ルーフィング、屋根材と取り付けられます

200423_0625



屋根の完成が待ち遠しいです